h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

マイクラ札幌市データをサバイバルモードで遊ぶ

札幌市経済観光局が札幌市のマインクラフト・データを 公開している。 このページからダウンロードできる。 データは国交省の3D都市モデルデータから変換したものを 若干、手編集をしたもの。 完成品というより、手の入れ甲斐のある素材という感じだ。 札幌市では、このデータを使って マインクラフトの講習をするらしい。 札幌市の小中学生にとっては興味深いデータで 講習も盛り上がるだろう。 このようなデータを公開してもらえるのは大変ありがたい。

マインクラフト・ガチ建築勢の人にとって、このデータを元に リアルな札幌市街を作るのは面白いかもしれないが、 私はクリエイティブ・モードだと作業感が強くて、 やる気が起きない。 サバイバルモードで、生活環境を整備し、 資源を集め、街を整備していくのであれば面白そうだ。

コマンドは使えるので、 /gamemodeで creativeとsurvivalの 切り替えはできる。資源は、地下に石はある。木(オーク)も生えている。 土も手に入る。 ワールド中心部から離れると、ビルは無くなり 磨かれた石の地面だけになる。さらに、中心部から1500ブロック程度 離れると高さY=4のスーパーフラットの世界となる。 土と岩盤しかない。 手に入らない資源がたくさんある。 手に入らない資源はクリエイティブ・モードに切り替えて 手に入れる方法はあるが違う気がする。 それだと、やっぱり作業感が出てしまう。

資源は、自動生成されたマインクラフトのバイオームから手に入れたい。 マインクラフトのファイルのフォーマットについては、 調べたことがある。少し変更してやれば スーパーフラットをやめ、普通のマインクラフトの バイオームが広がる世界にできそうだ。 level.datファイルのgeneratorの設定を変えてやれば良いのだ。

UNIVERSAL MINECRAFT EDITOR

level.datファイルは、結構ややこしい構造の バイナリーファイルなので通常のテキストエディタでは 編集できない。ツールを探し、 UNIVERSAL MINECRAFT EDITORというツールを知る。 無料でダウンロードできる。

このツールを起動後、PC(Java)ボタンをクリックすると Java版のワールドを指定するダイアログが開く。 Java版のデフォルトのセーブディレクトリのワールドが表示されるので、 ここにあれば、ここから選ぶ。別のディレクトリのワールドを指定する場合は 下のフォルダーアイコンをクリックするとフォルダーを指定することができる。

「World Setttings」を選択、WorldGenSettings, minecraft:overworldと 選択していくと、 type: minecraft:flat という値が見つかる。 ここをダブルクリックし、type: minecraft:noise に書き換え、 💾アイコンをクリックしセーブする。

これで完了である。 このワールドをminecraft(Java版)で読み込むと、 「実験的な設定を使用するワールドはサポートされていません」と警告が表示されるが、バックアップはダウンロードしたファイルがあるわけなので 「危険性を理解した上で読み込む」をクリックし起動させる。 一度ワールドをセーブすると警告は表示されなくなる。 ワールドを調べると、数十ブロックのY=4のフラット領域の先に、 通常のバイオームの断面が見える。

今後

これでサバイバル・モードで遊ぶことができる。 まず、生活基盤(ベット、食料、鉄など)を確保し、 都市部に進出したい。 都市部に畑や牧場などを作り、 トラップタワー、アイアンゴーレムトラップなども作りたい。 これらの施設はビル内に作ることができるだろう。 村人も連れてきて交易所もビルに作りたい。 いろいろ楽しみだが、 バーチャル秋葉原建設も続けていきたい。