h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

熊本減税会 はじめました

熊本減税会というものを作りました。 と言っても作ったのは twitterのアカウント 入会フォームだけです。 2日前の2月9日水曜日の夜作成し、 現在会員は私含め3名です。

減税会というのは 減税と規制緩和を求める会で 渡瀬裕哉氏の書籍、 税金下げろ規制をなくせ に共感した人の活動です。 この本のp.183にある 「各選挙区にある『税金を下げろ連合』の砦」を目指しています。 既に全国各地に様々な減税会があり、 一覧が 減税活動Wiki に纏められています。 人数が多いのは クルマ減税会で 参加者が1000人を超えたそうです。

参政党との違い

昨年7月まで参政党に所属していたので、 参政党と減税会の違いを書いてみます。

一言でいうと参政党は中央集権的で規制があり、 減税会は分散的で自由です。 参政党は、いきなり政党を作るというアプローチに 無理があったように思います。 政党を作ったため、政党のブランドを守るため 活動に規制がかかり、ブランドを落とす可能性があると 判断された活動は許されません。

減税会は、渡瀬氏の自由に活動し必要に応じて連合を組むという 考えのおかげで大変自由です。 twiterアカウントで減税会を名乗るだけで他の減税会から 認識してもらえます。地域の減税会を名乗る場合、参加方法の 明記が求められる感じですが、ひとり減税会など勝手連的に 名乗りさえすれば認められる感じです。 おかげで熊本減税会も多くの減税会にfollowして頂き、 たくさんリツイートしていただけました。 暖かい世界です。

参政党に居た時、参政党は人に勧めづらいと思っていました。 そもそも参政党がどのような政策をめざしているかもわかりません。 近代政党を目指すとは言ってますが、普通の人に近代政党とか 言ってもわかりませんし、予備選挙と言っても、いつできる話なのかも わかりません。

減税会は勧めやすいです。 私が友人Aに勧めるとすると会話は、こんな感じです。

私:「熊本減税会に入りなよ」
A: 「なんで?」
私:「日本は戦後ずっと税金と規制と補助金を増やし続け、 国力は落ちる一方なんだよ。 市民が政治に参加し、減税・規制緩和を主張することが 日本の国力を上げ、日本の子供たちを幸せにすることになるんだよ」

熊本減税会でやりたいこと

まず、選挙区の「税金を下げろ連合」の砦として、 参加者を増やしたいです。 まぁ、これが一番難しいわけです。 そのために楽しく政治を語り合う活動をしたいと思います。 オンラインの掲示板やビデオ会議などで 楽しく政治・政策を話し合える環境を作れたらと考えています。 コロナが収まったらオフライン・ミーティングも開きたいです。 人数がある程度集まったら地方議会に消費税減税の請願を出し、 各会派の立場を確認したいです。

次に他の減税会と連合した活動も考えています。 まずは、掲示板とwikiの提供です。 私は 日本ネット会議という掲示板とwikiのシステムを 運用しています。 ほぼ開店休業状態ですが、これを 熊本減税会はもちろん、他の減税会にも利用して頂きたいです。 掲示板は自作のシステムで、まだ未完成の部分も多いですが、 使ってもらわないと改良する気力もわかないので、 まずは自分もプレーヤーとして使って見せて、 他の減税会のみなさんにも使ってもらおうというのが 熊本減税会を作った動機の1つでもあります。

たくさんの減税会と一緒にツイッターデモを行いたいとも考えております。 ネットで市民運動という記事で書きましたが 政治運動において賛同者の数を知ることは大変有用で、 その目的にツイッターは大変便利です。 定期的、例えば月に1回特定のツイートを行い 皆でそれをリツイート, いいねを行い、 その数で賛同者の数とし、記録します。 そのツイートの発信者は参加する減税会の持ち回りで、 ツイートする文言は案を募集し皆で議論ののち、 ツイートする減税会が最終的に決める というのはどうでしょう。

減税規制緩和活動のための情報の収集・整理活動も行いたいと思います。 いろんな議論や意見、その根拠を、できればデータの大本のソースまで 明らかにして 日本ネット会議のwikiに保存できればと考えています。 ちなみに、このwikiは自作ではなくオープンソースの pukiwikiです。 日本ネット会議に登録すると書込みが可能になります。

最後に

というわけで 熊本減税会は会員募集中です。 熊本在住以外の人も歓迎します。 会費もノルマもありません。 活動報告メールとか届くかもしれません。 リツイート,いいねのお願いとかも届くかもしれません。 日本の子供たちを幸せにするため是非ご参加ください。

入会フォームは こちら です。 入会はちょっと、と言うかたは twitterアカウント:熊本減税会 をフォローして頂くだけでも ありがたいです。

あと、この記事を書くに当たり 税金を下げろ、規制をなくせを 再読しましたが 改めて 面白い本であることを認識しました。 価格は858円(税込み)と安いし、 読み易いので、未読の方には、購入をお勧めします。