h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

モニターアーム導入

最近またモニタの1台が映らなくことがあった。 2日ほど2モニタで過ごし、どうしようか考えた。 3モニターに慣れると2モニタでもつらい。 モニターアームを導入し、もっとたくさんのモニタを 設置することを思いつく。 結局、原因はケーブルの緩みで刺し直しで治ったのだが モニターアームでモニタを立体的に設置するのは悪くない。 だいたい22インチモニタの横配置だと左右のモニタは 遠くて見づらい。モニタ横のスペースも遠くて使いづらい。 ということで買ってみることにした。

購入したのは EEX-LA018という ポールにモニタ2台を上下に設置できるもの。 価格は税込み 4,480円。 楽天カードで溜まった 楽天ポイント消化のため、楽天市場で購入。 楽天で買うのも面倒なので Amazonのクレジットカードに乗り換えようと思っている。

組み立て

モニターアームはコンパクトなダンボールで届いた。 部品は小さいダンボールに小分けされていて 丁寧が印象。組み立てに必要な6角レンチも3種類(6,4,3mm)付属。 ただし6mmはメチャ力が必要な場面が多いので 強力な6mmのレンチもあると安心だ。 幸い手持ちに長いレンチがあった。

組み立ては説明書の支持に従い順調に進んだが、 モニターの位置調整には苦労した。 モニターの上下角を軸のボルトの締込みだけで 固定するのには無理がある。 もっと工夫があって然るべきだが 安いのでしかたない。 モニターが下を向いてしまうので 支えを3Dプリンタで作成。非力気味だがなんとか維持出来ている。

感想

出来上がりには満足している。 モニタは見易くなったし、横のスペースも近くなり使いやすくなった。 上に配置したモニターは作業には向かないが、 ほぼMusic Playerで Youtube Musicか Rani Music専用なので問題ない。 マウスカーソルを見失いやすくなり Shake To Findの出番も増えた。

1920 x 1200のモニタの(現状3枚だが) 2x2構成なので 4K(3840x2160)のモニタ1枚に置き換え可能ではと思ってしまう。 それなら設置は楽だ。 しかし Dell 27インチ 4Kモニタだと細かくて見えそうな気がしない。 40インチクラスの4Kであれば今と同程度で使えそうだ。 価格も5万円前後のようだ。 しかし、これをやってしまうと、机に40インチTVを置いて プログラムする人になってしまう。 まぁ、現状でもそんなものではあるのだが...

これに移行してしまいたい衝動あるが、問題は既存モニターの廃棄。 使用可能なものを廃棄するのは気が引ける。 ヤフオク等で売るにしても梱包が面倒だ。 梱包・送料をカバーできるような値段がつくだろうか? そういえば、今回上段に設置した白枠のモニタは 中古で6,900円で購入したものだった。 世の中、廃棄待ちモニタで溢れているのではなかろうか?