h_nari @ 熊本市のブログ。電子工作、プログラミング、ゲーム、TV、 政治、インターネットなどに日々の思い付きを、 うだうだ~と書いていきたい。
このブログにはコメント欄を設けておりません。 記事への御意見、ご質問はtwitter @h_nari宛に お願い致します。


アーカイブ

メタ情報
RSS
Login

3Dプリンタの性能評価

3Dプリンタの性能評価を行うための テストデータ(形状)がある。 これを使って なんとか重工のケロ氏が Creality Ender7、 トンコツ氏が PRUSA i3 MK3S+の 性能評価を行っていたので、 自分の奴、QIDI X-Smartと Creality Ender3V2の性能評価を行ってみた。

テストに使用するデータは kickstarterとautodesk社が提供しているもので githubで公開されていて、 結果を点数化する方法も説明されている。

githubからstlファイルをダウンロードする。 CuraとQidi Printで、それぞれ Ender3V2とX-Smart用に gcodeに変換した。 Curaのversionは4.8で、最新の4.10ではない理由は更新をサボっているだけ。 パラメータは CHEPが提供している Cura4.8用のプロファイルの使用した。 と思ったがCuraを見直したら Cura付属のStandard Quolityになっていた。 X-SmartのプロファイルはEnder3V2の糸引きの少なさに影響を受けて若干調整してある。

使用するフィラメントは、 ESUN PLA+ Cool White filament と指定されているが プリンタにセットされているものをそのまま使用した。

性能評価の結果

プリンタ 測定者 点数
Creality Ender3V2 自分 25.5
Qidi X-Smart 自分 19.0
Creality Ender7 ケロ氏 22.5
PRUSA i3 MK3S+ とんこつ氏 22.5

点数は30点満点。 Ender3V2の点数が凄く高い。 評価ミスの可能性はあるが、 プリントはとてもきれいで ピンも5本とも抜けた。 X-SmartはOverhangがダメダメだが 点数だと悪くない。

評価の詳細

テストプリント結果の点数化については kickstarter-autodesk-3d/FDM-protocolのページ に解説がある。 これに従って評価した結果を以下に示す。

2.Fine Flow Controlでは、両者とも長さは十分だが X-Smartは糸引き無しで5点、Ender3V2は有りで2.5点となったが、 Ender3V2の糸引きは細く、プリントもきれいなので、評価があっていない気がする。

6.XY Resonance7.Z-axis alignmentは、イマイチ自信が無いが、 それっぽい跡は見られなかったので2.5点とした。

Ender3V2の失点は,糸引きの2.5点とOverhangの2点。 Overhangは頑張っても無理そうだが糸引きは調整すれば消せそうだ。 それで満点近くになるが、そこまで良いプリンタかと考えると プリント速度が評価に入っていないことが気がつく。 Ender3V2のヘッド移動速度は 50mm/S ぐらいで テストデータのプリントに6時間以上かかる。 今後、この辺も評価に入って来るのではないかと思う。

最後に

評価が点数化されると、がぜん面白くなる。 Ender3V2の高得点が意外だった。 特にhangoverのプリントの差には驚いた。 これまでは、あまり気にしておらず、 サポートがいるんでしょと思っているが、 Ender3V2ならサポートなしでも結構いけそうだ。